tools top
●ワックスを使ったアクセサリー作りの道具
ワックスという柔らかい素材を削りだし、アクセサリーの原型を作ります。その原型を使い型どりして、銀を流し込み(キャスト)、シルバーアクセサリーを作る方法です。この方法によって、シルバーに限らず、プラチナやゴールドなどのアクセサリーを作ることも可能です。ワックスは加工がしやすため、初心者でも加工しやすいという利点があります。実際に、アクセサリー作りに慣れてくると、ワックスを使った作る方法にも、さまざまな注意ポイントがあり、必ずしも簡単というわけでもありませんが、切ったり、削ったりという作業を覚えるうえでは、入門的製作方法といえるでしょう。
ワックス
ワックスとは、ロウのような柔らかい素材です。このワックスを削り、デザインを行いアクセサリーの原型を作ります。完成したら、その原型をもとに型どりを行い、そこへ銀を流し入れシルバーアクセサリーを仕上げます。

詳細はこちら→
ワックスリーマー
リングチューブワックスの円径を正確に削り出す道具です。 木製のステックに刃物が付いており、 ステックを回すことによって、ワックスを削りリングの内径を合わせます。

詳細はこちら→
3本組 スパチュラー
ハードワックスを彫ったりけづったり、 表面に模様ををつける時などに使う道具です。

詳細はこちら→
ワックスペン(ワックスワーカー)
熱調整を行いながら、ワックスを削るための道具です。先端部を用途に合わせて取り替えることができます。ワックスを削る作業を効率よく行うことができます。

詳細はこちら→
ヤスリ
ワックスの形を整えたり、研磨したりするために使います。ワックスは柔らかい素材なので、比較的安価なヤスリでも利用可能です。金属を削るためには、しっかりと焼きの入ったヤスリが必要となります。

詳細はこちら→
スリ板クランプセット
ワックスを削ったりする時の作業台となります。この板に地金をしっかりとあてがって作業を行います。彫金の場合も動揺です。ワックスでの作業時には、ワックスをすり板で傷つけないように、革をまいて行います。

詳細はこちら→
ゴム台
ワックスを切る時に使うカッターマットです。方眼模様が入ってるので、デザインを行う時に、センターを確認したり、接着部分の角度を確認したりするのにも便利です。

詳細はこちら→